20161012_quan0659

本名:石塚喜三枝
雅号:石塚洸枝
草月流師範 (1991年入門)

略歴

大学卒業後、一般企業勤務を経て、横浜市在宅障害者援護協会(現 横浜市社会福祉協議会障害者支援センター)入職。

企業では営業の裏方業務とエンドユーザーへのフォローを、社会福祉協議会では、障害のある人の働く場(地域作業所)や住まい(グループホーム)の運営支援、余暇支援、広報及びスタッフ向けの研修等を担当。

障害のあるご本人やご家族の暮らしのバックアップに従事する中で、自分から心を開くことで相手に安心感を与え、「声にならない思い」を受け止められること、コミュニケーションが円滑になることを実感する。

 

『草月流いけばな』と、『自分を表現すること』への思い

草月流では、花と語らいながら花の良さを見いだし、それをいかしたあなたの表現=『いけばな』を創り出します。

感じ方も表現の仕方も十人十色。一つとして同じ表現にはなりません。

それは、「自分の良さに気づき、自分の中の無限の可能性に気づく」ことでもあります。自己表現ができる様になると、自分の中に軸ができ、失敗を恐れず、新しいものにチャレンジする勇気が持てます。

かつて私は、「言葉」で思いを伝えることが苦手でいつか自由に自分を表現できるようになりたいと思っていました。

「いけばな」と出会うことで、自分を自由に表現するできることの楽しさを知り、自信がつきどんどん世界を広げることができました。

自分をうまく表現することができないと悩んでいる人に「いけばな」をツールに表現できる喜びを伝えていきたいと思い、草月流いけばな教室を始めました。

昔から伝わる「いけばな」の良さを、より多くの方に伝えたい。「いけばな」の可能性を広げていきたいという思いから、お花DEお話し®︎いけばなスタジオをオープンします。

 

他者との違いを楽しみ、味わうことで、世の中の多様性を受け入れ、自分自身の心も世の中もより穏やかに豊かに広がっていきます。

新しいことや変化を恐れず、それぞれが自分の可能性を生かして成長していく。そんな対話の場、クリエイティブな場を一緒に目指しませんか。

講師実績

2016年〜 東洋英和女学院大学生涯学習センター
草月流いけばな教室(半年コース)担当
2015年〜 大倉山のギャラリーカフェや花店でのいけばな教室開始
2015年9月 横浜市内中学校文化祭合同制作支援・いけばな体験指導
2015年5月 市民講座 簡単いけばなワークショップ開催(参加者40名)
2015年2月〜 国際交流ラウンジ華道教室担当(月1回)
2014年〜 横浜市内小学校はまっこふれあいスクール クリスマスのいけばな
2012年7月〜 横浜市内障害者施設にて、いけばなプログラム担当(月1回)

 

舞台装花

子育て支援シンポジウム、演劇等

華展出品

横浜華道協会新進作家展・草月いけばな展ほか、個人作・合作出品

いけばなコミュニケーション講座

いけばなを通して自己表現をすることは、他者との関わりなど日常で欠かせないコミュニケーションスキルを高め、あらゆるシーンで役立ちます。

ただ花をいけるのではなく、テーマに則り目的を意識しながら花と対峙します。それは自分と向き合う体験となり、様々な気づきを得るでしょう。