心を解き放ち、想いを伝えるいけばな

 

 

1914827_1078050725578865_5131413055838747948_n

クリスマスも終わり、いよいよ年末の空気が漂い始めました。お正月飾りを見るとなんとなく一年間の振り返りをして、心を鎮めたくなるのは、日本人ならでは?なのでしょうか。

本日、12月27日に、お正月のいけばな教室をしました。

(お教室中に写真を撮れなかったので、過去の作品を・・・)
一年間、いろんなお教室でたくさんの方にお会いすることができました。

ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございます。
ブログやフェイスブックを通して、いけばなに興味を持ってくださった皆様

ありがとうございます。

いけばなを通してコミュニケーションの輪を広げます

親子で参加してくださったり、電車に乗って遠くから来てくださったり、何か新しいことを初めてみたいと参加してくださったり、、、目的や世代が違い、初めてお教室で出会う方同士でも、「花」を前にすると自然に言葉が出て来ます。自分の花が生け終わると、他の方の作品を見に行ったり、感想を話し合ったり。心が緩んだ後のお茶タイムもまた楽しいひと時です。

 

自分の心を解き放ち、相手に想いを伝えるツールとして

いけばなは、花を見つめることで、自分の心の中を見つめ、見つけた心を解き放ち、相手にその想いを伝えます。形を覚えて、形どおりにいけるだけではなく、言葉で表現しきれなかった、あなたの思いを伝えることができるのです。

来年は、いけばなを通して「コミュニケーション」「対話」の輪を広げていきます。

自分を安心して表現できる場があることで心に余裕が生まれ、相手の想いに気づき、意見を受け入れることができる。そんな場をご提供していきたいと思います。

新年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

いけばなコミュニケーション講座

いけばなを通して自己表現をすることは、他者との関わりなど日常で欠かせないコミュニケーションスキルを高め、あらゆるシーンで役立ちます。

ただ花をいけるのではなく、テーマに則り目的を意識しながら花と対峙します。それは自分と向き合う体験となり、様々な気づきを得るでしょう。